タグ

子供が小さい、長く働けないことで不採用

アルバイトを募集していたところが興味のある分野のところだったのでネットで応募しました。時間帯は9時から14時くらいまでで週に3日程度とのことでした。当時1つアルバイトをしていたのですが、もう少し稼ぎたいと考えていたので掛け持ちとして応募しました。

インターネットで応募して面接の日程と時間が決まっていざ面接となったときに、表示してある求人の内容と実際にその店舗が募集している内容が違っていたのです。私は何度も電話の段階でこの内容を確認してからの事でしたが、相手には伝わっていなかったようで、週に4,5日、9時から16時まで働けないのであれば採用できないと言われました。最初の求人の内容はパートでの求人だったようで、アルバイトの求人は時間帯も日にちも書いてあるものより多目に出勤して欲しいとのことでした。

そちらで採用されなかったので、次にチャレンジだと思って次を見つけて面接時間と面接日を決めてもらいもう1つ面接に言ってきました。この不採用だった理由は、小さい子供がいるからとの事でした。まだ下の子が2歳だったので熱が出たり急な休みを取られたらこちらも困ってしまいます、との理由でした。何とかして働きたかったのでこの理由が残念だなと思いましたが、不採用だったので仕方なく次に行きました。

次はファミリーレストランの夜のアルバイトです。前回の面接で子供が小さいとダメだと言われたので迷惑がかからない夜間ならと思い応募しました。しかし以前ファミリーレストランで夜間のアルバイトをしていた友達に聞いたら、夜間なので体を壊してしまうようですし、人数がぐっと減らされてしまうのでとても忙しいとのことでした。体力勝負で精神的にも結構辛かったらしく、その人の話を聞いていたら自分が出来るように思えなくて、こちらからお断りをしました。

私は学校を出てから13年間同じ職場で働いていたので、履歴書的には褒めて貰えることが多かったのですが、断られる理由は、やはり子供が小さかったり家庭を持っていたりすると信用がならないのか、その事でお断りされることが多かったです。子供が急に熱を出したとか学級閉鎖で休んでいるので預けるところがないとか、そういった事があると困るという事から断られました。 事務職を13年間していたのですが、事務職は1日フルで働かないとダメだと言われたのと、上記に書いた面接したところは、いずれも接客業でした。

本当は事務職がいいと思っていたのですが、このような理由からやりたい職業ではなく今の自分が出来る職業を選ぼうと思っていたし、接客業はあまり経験したことがない職業だったのでチャレンジしてみたいと思ったからです。履歴書にも学生時代に取った資格などや特技などを書いてみて、面接の時にはその話題で盛り上がったりするので、履歴書は問題ないと思います。しかし、子供がまだ小さいうちはどうしてもそれを理由に断られたり肩身の狭い思いをしたりとする事がたくさんあるんだな、と実感しました。今は別の場所で接客業のアルバイトをしていますが、理解のある上司と同僚と同じ立場の人たちと一緒に助け合いながら仕事をしています。理解のある職場に就かないと女性は大変なことが多く、辛い思いをしてしまうことが多いので、職種にこだわることなく、そこで働きたいと思ったら雰囲気や人を見ておく事を面接前にしておくといいと思います。子供が大きくなって自由に働けるようになったときには年齢制限で引っかかってしまうこともあるので、職業は選んでいられないです。なのでその時の自分が出来る職業に就きたいと思います。

また履歴書に書いた内容を聞かれてど忘れしてしまって答えられなかったこともあり、嘘を書いているように思われてしまったこともあります。それが不採用の原因だったのかなとも思います。