タグ

経験者も未経験者も時には関係がない

私は以前、テイクアウトのコーヒーショップでアルバイトとして勤務していましたが、都合で東京に引っ越すことになり、新しい土地でもアルバイトを探すことになりました。その時、前回と同じような、自分の経験を活かせるテイクアウトのコーヒーショップで再度働きたいと思い、応募しました。

そこの求人募集内容は、以前働いていた業種とあまり変わらないような内容と、自分の希望の時間帯や勤務地なども、理想に合っていました。一度も足を運んだことのない店舗で、引っ越す前の地域では見かけなかったコーヒーショップでした。

まず、面接が可能かどうかの電話をしました。面接の日程を決める際に、私の方の都合も聞いてくれましたが、その時は無職だったので、面接先の方の都合に合うように、日程を決めてもらいました。そうすると、1日の中で一番お客様の少ない時間帯を指定されたので、私も面接に行きやすく感じました。

面接当日、履歴書は持参しなくて良いとのことでしたので、何も持っていかずに、行きました。コーヒーショップのバックスペースに案内され、そこで、指定の履歴書を渡され、その場で記入をしました。この履歴書持参とは違い、自分の経歴を覚えていないと、スムーズではないので、多少考える時間ができてしまいました。面接担当の方を待たせることになってしまったのは申し訳なく感じましたが、指定の用紙に記入する点では、しょうがないとも思えました。

面接内容では、以前働いていた経験の話で、どこのブランドのコーヒーマシンを使っていたか、どういう機能のついたコーヒーマシンであったか、細かい名称など、以前アルバイトで働いていた私には、詳しくコーヒーマシンのことまでは勉強はしていなかったので、答えることができませんでした。面接担当の方も「わからないなら大丈夫ですよ」と気さくに声掛けをしてくれたので、安心はしました。他に、勤務時間、勤務体制、人数、研修内容、時給など、丁寧に説明をしてくれました。その中でも、私の希望も聞いてくれました。研修やマニュアルがあるとのことだったので、安心できました。私の以前のアルバイトでは、マニュアルがなく、先輩から口頭で説明を受けて、作り方などを覚えるスタイルだったので、今回のアルバイトでは、自分のスキルアップに繋がるように感じました。自分の中では、とても印象良く、進めたように感じました。

この日の面接は、30分ほどで終了し、採用でも不採用でも連絡をくれることになり、帰宅しました。後日、面接担当の方から連絡がきて、不採用とのことでした。その理由としては、私の他にも希望者そして面接に来た方が数人いて、その中で、お店側として募集していた人材に、特に合っている方を優先しました。との回答でした。

同じ業種の経験者でも、アルバイト面接で不採用になるのだと、ここで初めて知りました。具体的に、私の何がダメだったのかは、わかりませんが、希望日数や時間帯など、自分の希望を言ったからでしょうか。希望者が多そうな職場の面接では「なんでも大丈夫です」のような方の方が、採用されやすかったのかもしれません。

その後、また新たにアルバイトを探すため、求人情報を見ていましたが、同じ業種で探すか悩みました。経験者でも不採用になるのなら、未経験のアルバイトに応募してみようと思い、ビジネスホテルの接客に応募してみました。これこそ、ホテルの知識はほぼゼロに近かったのですが、採用してもらえました。

募集内容や面接内容だけでは、わかりません。面接担当の方との相性なども採用不採用に、関係してくるのかもしれません。人気の職場や面接のタイミングなども重要なポイントになりそうです。